• Home
  • 運営者
  • 個人情報取扱について
  • 利用規約/免責事項
  • コンドロイチンを多く含む食材はネバネバが目印

    3月 7, 2014 by  
    Filed under 未分類

    コンドロイチンは健康のために必要不可欠な存在ですが、サプリメントに頼りたくないという方もいらっしゃることでしょう。サプリメント以外でコンドロイチンを補う方法は、主に食事だとされています。コンドロイチンはネバネバする食材に多く含まれていて、植物性のものと動物性のものに分けることが出来ます。

    植物性の代表としては、納豆やオクラ、山芋やなめこなどがあり、これらの食材は普段から食卓に出ている家庭も多いことから、私たちは自然とコンドロイチンを摂取しているということになります。また、動物性の代表を挙げるとするならば、サメの軟骨やスッポン、フカヒレやツバメの巣などがあります。吸収率が高いため、コンドロイチンの効果も期待することが出来ます。しかし、動物性の食材は植物性のものと比較して高価なものが多く、なかなか食べる機会がないというのが欠点だと言えるでしょう。

    吸収率以外に、植物性と動物性にこれといった違いはありません。たしかに、吸収効率の良い動物性のほうが効果的ではありますが、栄養バランスのことを考えると、植物性のものでも日頃から意識して積極的に摂ることはとても大切なことなのです。

    Comments?