• Home
  • 運営者
  • 個人情報取扱について
  • 利用規約/免責事項
  • にんにく卵黄の歴史

    12月 31, 2013 by  
    Filed under 未分類

    にんにくは古来より滋養強壮や疲労回復に良いとして、世界中で愛されていました。日本では、にんにくが体に良いものとわかっていても、にんにくの強烈なにおいのため、敬遠されがちでした。その匂いを解消するために作られたのが、南九州発祥のにんにく卵黄です。

    各家庭で手作りされていたもので、にんにくをつぶして、卵黄と合わせて煎り、乾燥させて作ります。火をかけることで、にんにくの臭いを消し、卵黄の香ばしいにおいに変える工夫がされています。長期保存もできるため、栄養食品として重宝されていました。

    しかし、時間も手間もかかり、煎っている間の強烈なにおいなどが原因で、だんだん手作りする家庭も減ってきていました。

    そこで、いろいろな企業が製法等研究し、にんにく卵黄を作って錠剤やカプセルにしたにんにく卵黄が出来上がりました。

    においを閉じ込めて、手軽で飲みやすくなったにんにく卵黄は、注目されて人気のサプリメントとなりました。

    Comments?